• 盗撮動画の内容

  • 2019年9月20日(金)~22日(日)まで大阪府のヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居で開催された『第67回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会』の走り幅跳びに、七種競技選手の「ヘンプヒル恵」選手が出場。父親がアメリカ人で、母親が日本人というハーフアスリートで、欧米の血が入っているため日本人には中々ない大きなお尻が特徴の選手。

  • 赤色のブルマ型ユニフォームが大きなお尻に食い込み、ハミ尻した状態で競技場を歩き、現役の走り幅跳び選手に紛れて七種競技選手が出場。かなり不利な話だが、結果は4位と入賞こそは逃したが大健闘。飛び終えたあとのお尻の状態も気になるところだが、見せ場は飛ぶまでのボリュームある尻肉を隠し撮りしたYouTubeの盗撮動画を掲載しております。